SHIMIZU SATOSHI

Born in 1960, Tokyo. Professor at University of Tsukuba.

Published Archaeology of KOSHIEN Baseball: Narratives of Sports, Media and Body Culture(1998, Shinhyoron: Japanese);  Olympics Studies: Discrepant experiences and politics (2004, Serika Shobo: Japanese); The Olympics in East Asia: Nationalism, Regionalism, and Globalism on the Center Stage of World Sports (Yale University, 2011); This Sporting Life: Sports and Body Culture in Modern Japan (Yale University, 2007); Football Goes East: Business, culture and the people’s game in China, Japan and South Korea (Routledge, 2004); Japan, Korea and the 2002 World Cup (Routledge, 2002), etc.

清水 諭: 1960年、東京都生まれ。筑波大学体育系教授。身体文化論、スポーツ社会学。筑波大学大学院博士課程体育科学研究科修了。1994~95年 デンマーク・スポーツ・身体・文化研究所客員研究員。
身体とその文化について、身体技法や身体に関する認知・思考の様式を文化論や歴史社会学の視点から研究している。

著書に『甲子園野球のアルケオロジー:スポーツの「物語」・メディア・身体文化』(新評論,1998)。編著に『オリンピック・スタディ-ズ:複数の経験・複数の政治』(せりか書房, 2004) 『現代スポーツのパースペクティブ』(大修館書店, 2006)。訳書に『身体文化のイマジネーション:デンマークにおける「身体の知」』(ヘニング・アイヒベルク著, 新評論, 1997)。共著に『The Olympics in East Asia: Nationalism, Regionalism, and Globalism on the Center Stage of World Sports』(Yale University, 2011) 『This Sporting Life: Sports and Body Culture in Modern Japan』(Yale University, 2007) 『サッカーの詩学と政治学』(人文書院, 2005) 『Football Goes East: Business, culture and the people’s game in China, Japan and South Korea』(Routledge, 2004) 『Japan, Korea and the 2002 World Cup』(Routledge, 2002) 『文化の市場:交通する』(東京大学出版会, 2001) 『体育教育を学ぶ人のために』(2001) 『スポーツ文化を学ぶ人のために』(1999) 『変容する現代社会とスポーツ』(1998、以上世界思想社) 『生のための学校』(1996、新評論)などがある。これらのほか、『現代スポーツ評論』(創文企画, 1999.11月以来、年2回発行)の編集委員として、スポーツ文化の批評を継続している。
あらゆるスポーツやパフォーマンスを見、聞き、実践し、そして書くことを続けている。

mail : sshimizu@taiiku.tsukuba.ac.jp

ページの上部に戻る